占いは誰にでも簡単に出来る

↓↓人気占星術いサイトランキングはこちらから↓↓

↑↑人気占星術サイトランキングはこちらから↑↑


現代は、とにかく「占い」であふれかえっています。

毎朝のテレビ、雑誌、インターネット。
なにかをしていれば、必ずと言っていいほど、どこかで「占い」の文字を目にすることができますし、
その結果を見て一喜一憂したり、「オレはそんなの信じないね」などと強がりを言ったりするのは、どこででも見られる光景です。
古来から、作物の出来を占ったり、結婚式などの重要な行事の日取りを決めたりと、占いは日常生活と密接に結びついていました。
そのようなことを考えれば、テレビやインターネットといった、
誰もが目にすることのできるメディアで占いの結果が公表されるというのは自然な流れである、と言えるでしょう。

ただ、メディアの発達によって、その「結果」のみにスポットライトが当たりすぎているようにも感じられます。
テレビなどで「結果」を手軽に知ることができるため、「お、今日はツイてるぞ」と思うのも、
テレビで放映されているその一瞬だけ、雑誌で読んだ数十秒だけ、といった方も多いのではないでしょうか。

占いは、決して「専門家が知識のない人に結果を伝える」、すなわち、自分自身が「受け取る」だけのものではありません。
もちろん、その道を究めようと思えば膨大な知識の習得や訓練など(もしかしたら「霊感」なんてものも)が必要になってきます。
しかし、その「入り口」として、手軽に自分自身で占いをしてみることは可能なのです。

入門書などは書店に行けば簡単に手に入りますし、インターネットでも、
「占い入門」などといったキーワードで検索すれば、大量の情報が手に入ります。
そういった情報とにらめっこをしながら、現れた結果を自分自身で試行錯誤しながら
読み解いていくのは、結果だけをぽんと与えられる、テレビや雑誌の占いとはまた違った楽しさがあります。
一部では「安易な気持ちでやると呪われてしまう」といわれているような占いもあったりもすることから、
「手軽」とか「楽しむ」などといったカジュアルな姿勢で占いに臨むことについて批判的な意見もあったりするかもしれません。

しかし現代はインターネットの発達とともに、かつては「プロだけが発信することが可能だった情報」が、
「アマチュアでも手軽に、気軽に発信」できるようになっている時代です。
「それはそれ、これはこれ」かもしれませんが、「占い」というものも、
「プロだけが発信」するものでなく、「アマチュアが気軽に、楽しみながら」
発信してもいいものではないか、そしてそうやって裾野を広げていくことで、将来、優秀な専門家が誕生するのではないか、とも思えるのです。
リンク